日本の産業構造

尾崎巖 著

1974年から76年にかけて『地域開発ニュース』に連載された「日本の産業構造」を、研究の舞台となった慶応義塾大学産業研究所が復刻刊行。レオンティエフの産業連関分析を経済発展論として認識しようとする著者の視点は、21世紀を迎えた今日なお新鮮である。戦後日本において産業構造政策の果たした役割をあらためて捉え直すための珠玉の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 資本・技術と産業構造
  • 成長と構造選択
  • 経済の構造(レオンティエフの体系
  • レオンティエフ生産関数)
  • 安定成長経済の構造的条件
  • 産業構造の近代化と就業構造の後進性-西ドイツとの比較
  • 成長率のパラドックス-西ドイツの経験
  • 景気変動と成長軌道-日米独の比較
  • 技術特性と資源配分-供給優先の経済メカニズム、1955〜1970
  • 構造的乖離-新しい技術体系への移行
  • 構造転換と企業〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の産業構造
著作者等 尾崎 巌
慶應義塾大学産業研究所
慶大産業研究所
慶応義塾大学産業研究所
書名ヨミ ニホン ノ サンギョウ コウゾウ
書名別名 Nihon no sangyo kozo
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2004.10
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4766410068
NCID BA68872670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20720566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想