日銀はこうして金融政策を決めている : 記者が見た政策決定の現場

清水功哉 著

福井日銀で何が変わったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 金融政策の「常識」が変わった
  • 第1章 福井日銀-見えてきた行動原理
  • 第2章 速水時代をどうとらえるか-「負の遺産」からの脱却
  • 第3章 日銀との対話-政策転換を見抜く三つのルート
  • 第4章 日銀の情報をめぐる攻防-開示と守秘のジレンマ
  • 第5章 政策決定を司る人々
  • 最終章 これからの政策課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日銀はこうして金融政策を決めている : 記者が見た政策決定の現場
著作者等 清水 功哉
書名ヨミ ニチギン ワ コウシテ キンユウ セイサク オ キメテイル : キシャ ガ ミタ セイサク ケッテイ ノ ゲンバ
書名別名 Nichigin wa koshite kin'yu seisaku o kimeteiru
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.9
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 453235112X
NCID BA68866667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20673159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想