人を信じるということ

島田裕巳 著

日本の文化の中で「人を信じるということ」はどのように位置づけられてきたのか。歌舞伎の「勧進帳」にみる「ゆだねる」関係、日常生活に根ずく「おまかせ」のシステム。その「人を信じる」仕組みは、村社会という共同体の原理を基盤に形作られてきた。ところが、近代化にともない、人々は共同体から切り離され、「信じること」は容易でなくなってしまった。漱石が『こころ』で描いた裏切りの悲劇。「空」と「無」に救いを見いだす知識人、新興宗教に絆を求める人々。今、若者たちは共同体を拒否しながら、居場所を求めて漂い続ける。もう一度、「人を信じるということ」を取り戻すためには、何が必要なのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 信じるということの二つの意味
  • 第1章 歌舞伎「勧進帳」の信頼の構造
  • 第2章 「おまかせ」というシステム
  • 第3章 村社会での原理
  • 第4章 漱石『こころ』の悲劇
  • 第5章 「空」に救いを見いだす
  • 第6章 「選択」を強いる宗教
  • 第7章 信じることが可能な社会
  • 第8章 人を信じるということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を信じるということ
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ ヒト オ シンジル ト ユウ コト
書名別名 Hito o shinjiru to yu koto
出版元 晶文社
刊行年月 2004.9
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4794966334
NCID BA68837250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20674895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想