満洲の日本人

塚瀬進 著

満洲事変まで約20万人の日本人が暮らした満洲。小売商や満鉄社員らの暮らしを、「満洲史のなかの日本人」という観点から復元。前著『満洲国』に続き、一貫して満洲の地域性にこだわり日本人の事跡を描く著者の第二作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 満洲への日本人の流入
  • 2 日露戦争による在満日本人の変化
  • 3 在満日本人の活況と苦境
  • 4 在満日本人の社会生活
  • 5 苦悩する在満日本人-一九二〇年代
  • 6 在満日本人社会の諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲の日本人
著作者等 塚瀬 進
書名ヨミ マンシュウ ノ ニホンジン
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.9
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4642079335
NCID BA68821013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20679295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想