対話という思想 : プラトンの方法叙説

内山勝利 著

すべてが語り尽くされ、言葉にリアリティが失われている-プラトンが立っていたのは、そんな場所だった。生きられた思考の方へ、謎と迷宮がいきいきと動き始める対話篇への招待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 未知なる知の根拠
  • 第1部 対話と想起(「対話篇」ということ
  • 想起説の意味するもの
  • 「思っているがままを言ってくれたまえ」-対話を導くソクラテスの目論見)
  • 第2部 対話とイデア(ロゴスの中での考察-「第二の航海」とイデア仮設
  • 三つの比喩に関する覚書-『国家』における「線分」と「洞窟」
  • 感覚的事物とイデアとの間-三本の指の意味するもの)
  • 第3部 対話と記述(後期著作における対話性
  • 「書かれたもの」への批判)
  • 問うことの力-知のありかをめぐる断章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話という思想 : プラトンの方法叙説
著作者等 内山 勝利
書名ヨミ タイワ ト ユウ シソウ : プラトン ノ ホウホウ ジョセツ
シリーズ名 双書現代の哲学
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.9
ページ数 221, 5p
大きさ 20cm
ISBN 400026589X
NCID BA68805924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20686316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想