相対性理論の矛盾を解く

原田稔 著

ヘイフリーとキーティングの実験は捏造だった。単位の相対性から、統一論の可能性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パラドクスについて
  • ガリレオからアインシュタインへ-相対性理論前史
  • 相対論とは何か
  • 「動く時計の遅れ」と「動く棒の縮み」
  • 「双子のパラドクス」と「浦島効果」
  • 空飛ぶ原子時計と科学者の良心
  • 「列車とトンネル」のパラドクス
  • ミンコフスキー時空図について
  • 珍説相対論
  • 単位は絶対か
  • まわる円板の円周率
  • 「剛体」は不滅
  • さらばタイムマシン
  • 世界を変えた式:E=mc2
  • 相対論から量子論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相対性理論の矛盾を解く
著作者等 原田 稔
書名ヨミ ソウタイセイ リロン ノ ムジュン オ トク
シリーズ名 NHKブックス 1013
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.9
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 4140910135
NCID BA68804568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20682186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想