処刑電流 : エジソン、電流戦争と電気椅子の発明

リチャード・モラン 著 ; 岩舘葉子 訳

じつは電気椅子は、19世紀末の電力市場における直流と交流のシェア争いの副産物だったのだ。本書は、電力市場における直流と交流の争いに、マーケティングの重要性を知りぬいていた発明家エジソンが絡んで、ニューヨーク州で電気処刑が採用されるに至るまでの経緯を明らかにする。科学技術への闇雲な期待と電力業界の覇権争いが絡み合い、奇怪な処刑法が誕生するまでの物語。「残酷で異常な刑罰」の基準を引き出した法廷論争も詳細に辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いよいよだ、ウィリアム
  • 第2章 電流戦争-エジソン対ウェスティングハウス、DC対AC
  • 第3章 電気処刑新法
  • 第4章 ハロルド・ブラウンと「処刑人の電流」
  • 第5章 「縛り首にしてくれ」-ウィリアム・ケムラーの人生、犯罪、そして裁判
  • 第6章 異常なほど残酷な刑罰
  • 第7章 残酷でも異常でもない刑罰
  • 第8章 ケムラーの遺産-人道的な処刑手段を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 処刑電流 : エジソン、電流戦争と電気椅子の発明
著作者等 Moran, Richard
岩舘 葉子
モラン リチャード
書名ヨミ ショケイ デンリュウ : エジソン デンリュウ センソウ ト デンキ イス ノ ハツメイ
書名別名 Executioner's corrent

Shokei denryu
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.9
ページ数 344, 45p
大きさ 20cm
ISBN 4622071045
NCID BA68798217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想