傷つけ傷つく青少年の心 : 関係性の病理 : 発達臨床心理学的考察

伊藤美奈子, 宮下一博 編著

本書は、関係性の中で傷つけ傷つく青少年の心理について明らかにしようというのがねらいである。関係性をめぐる心理臨床理論を概観した上で、具体的なテーマについて青少年の実態と、それへの対応を考えてみたい。またコラムには、現代的なテーマを多く盛り込んだ。関係性の病理をもつ青少年を理解するための文献・資料集を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 関係性の定義と関係性の病理の形成メカニズム(「関係性」をめぐって
  • 関係性の病理の形成のメカニズム)
  • 第2章 関係性の病理をもつ青少年の実態とその内容(関係性の病理のレベル
  • 関係性の病理の諸相)
  • 第3章 関係性の病理をもつ青少年への対応(対応する際の原則
  • 対応の実際)
  • 付章 関係性の病理をもつ青少年を理解するための文献・資料集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 傷つけ傷つく青少年の心 : 関係性の病理 : 発達臨床心理学的考察
著作者等 伊藤 美奈子
宮下 一博
書名ヨミ キズツケ キズツク セイショウネン ノ ココロ : カンケイセイ ノ ビョウリ : ハッタツ リンショウ シンリガクテキ コウサツ
書名別名 Kizutsuke kizutsuku seishonen no kokoro
シリーズ名 シリーズ荒れる青少年の心
出版元 北大路書房
刊行年月 2004.9
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4762824046
NCID BA68779427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想