フランク・ロイド・ライトの日本 : 浮世絵に魅せられた「もう一つの顔」

谷川正己 著

二〇世紀を代表する建築家、フランク・ロイド・ライトは日本に何を求め、何を得たのか-。今まで論じられることのなかったライトの素顔に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 建築の巨匠ライト理解のために
  • 第1章 浮世絵蒐集家ライトと日本人との親交
  • 第2章 ライトの幼少年期とジャポニスム
  • 第3章 一八九三年、シカゴ万国博とライトの独立
  • 第4章 ライトの初来日とその成果
  • 第5章 ライトの日本版画論と浮世絵蒐集家としてのライト
  • 第6章 浮世絵ディーラーとしてのライト
  • 第7章 ライトが蒐集した浮世絵の「里帰り展」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランク・ロイド・ライトの日本 : 浮世絵に魅せられた「もう一つの顔」
著作者等 谷川 正己
書名ヨミ フランク ロイド ライト ノ ニホン : ウキヨエ ニ ミセラレタ モウ ヒトツ ノ カオ
書名別名 Furanku roido raito no nihon
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2004.9
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 4334032699
NCID BA68764135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想