トコトンやさしい生分解性プラスチックの本

生分解性プラスチック研究会 編

微生物によって分解されるプラスチックが生分解性プラスチック。使用中は分解されませんが、用済みになった後は、これまでのプラスチックにはなかった肥料化やバイオガス化とったバイオリサイクルができます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生分解性プラスチックとは(生分解性プラスチックと「グリーンプラ」-「グリーンプラの定義」
  • 微生物がプラスチックを食べるとは-「生分解度を測る」 ほか)
  • 第2章 自然環境で生分解性プラスチックを使おう!(苗木によっていろんな分解速度が必要-「育苗ポット、植木鉢」
  • 森の中のゼロ・エミッションを目指す-「薫蒸シート、植林苗保護用シート」 ほか)
  • 第3章 日常生活・産業で生分解性プラスチックを使おう!(発泡させて軽量化と断熱性を向上-「発泡シート」
  • 水で発泡させる環境に優しい材料-「バラ状緩衝材」 ほか)
  • 第4章 生分解性プラスチックは地球環境と暮らしを変える(地球温暖化を防止するグリーンプラ-「炭酸ガスの発生量を抑制」
  • コンポストバッグはバケツに勝る-「生ゴミ再資源化の補完資材」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トコトンやさしい生分解性プラスチックの本
著作者等 生分解性プラスチック研究会
書名ヨミ トコトン ヤサシイ セイブンカイセイ プラスチック ノ ホン
書名別名 Tokoton yasashii seibunkaisei purasuchikku no hon
シリーズ名 今日からモノ知りシリーズ
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2004.8
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 4526053309
NCID BA6874938X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想