桃太郎と邪馬台国

前田晴人 著

おとぎ話の古層に倭国の痕跡が見える!一寸法師・桃太郎・浦島太郎の原像を検証する古代史学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「一寸法師」と住吉神話(一寸法師は神であった
  • 二重の異常出生 ほか)
  • 第2章 邪馬台国vs.吉備国、そして丹後半島(北部九州のクニグニ-紀元前一世紀頃
  • 「奴国」の登場-紀元一世紀 ほか)
  • 第3章 「桃太郎」と吉備国平定伝承(「帝国主義桃太郎」
  • 気比の桃太郎 ほか)
  • 第4章 「浦島太郎」と卑弥呼の特使(浦島伝説が語られた意図
  • 書紀に記された「浦嶋子伝」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桃太郎と邪馬台国
著作者等 前田 晴人
書名ヨミ モモタロウ ト ヤマタイコク
書名別名 Momotaro to yamataikoku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.9
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 4061497375
NCID BA68731500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想