風水と天皇陵

来村多加史 著

日本の歴代天皇陵には、古代中国から伝わった風水の思想が込められていた。その立地に見られる共通点を、執念の踏査で解き明かすスリリングな試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の天皇陵を訪ねて
  • 第2章 風水の原点を探る
  • 第3章 大化改新以前の陵墓を歩く
  • 第4章 飛鳥の陵墓をめぐる
  • 第5章 奈良時代の天皇陵を推理する
  • 第6章 風水で解く桓武天皇陵の謎
  • 第7章 天皇陵の環境を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風水と天皇陵
著作者等 来村 多加史
書名ヨミ フウスイ ト テンノウリョウ
書名別名 Fusui to tennoryo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.9
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 4061497367
NCID BA68731420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想