運動神経の科学 : 誰でも足は速くなる

小林寛道 著

「足が速くなるマシン」をつくったスポーツ科学の革命児が、まったく新しい切り口で運動神経の本質とその鍛え方に迫る野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「運動神経がいい」とはどういうことか(「運動神経」を良くすることは可能か?
  • 意識と無意識の運動支配
  • 運動神経機構)
  • 第2章 運動神経をどう鍛えるか(体幹を感じる
  • 神経支配の「しばり」を解く
  • 運動の基本
  • 認知動作型トレーニング)
  • 第3章 速く走るためには?(なぜ短距離走で日本人選手が躍進してきたか
  • スプリントトレーニングマシン
  • 走りの科学
  • 歩くことから運動神経を鍛える)
  • 第4章 生きる力としての運動神経(子どもの運動神経の実態
  • 失われた運動神経を取り戻す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運動神経の科学 : 誰でも足は速くなる
著作者等 小林 寛道
書名ヨミ ウンドウ シンケイ ノ カガク : ダレ デモ アシ ワ ハヤクナル
書名別名 Undo shinkei no kagaku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.9
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4061497359
NCID BA68731282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想