学校評価の「問題」を読み解く : 学校の潜在力の解発

木岡一明 著

本書は、「学校組織開発」の内容に踏み込み、いかにすれば学校評価をツールとして学校が「組織」に成っていくのかの道筋を描いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学校評価はどんな未来を拓くのか
  • 1 学校評価の基本問題(学校経営制度改革の進展-なぜ学校評価が必要なのか
  • プロセスとしての学校評価システム)
  • 2 組織マネジメントによる学校評価(新しい学校評価を創る-学校を組織にしていくために
  • 学校の自己点検・評価の限界とその克服
  • 学校の外部評価とそのねじれ
  • 学校経営のビジョンづくり
  • 学校の組織設計と活動の構造化
  • 学校評価のプロセス設計と形成的評価)
  • 3 学校組織開発の展開(プラス思考と戦略的リーダーシップ(共)
  • 大胆な方針と試行錯誤戦略(創)
  • 先見性とねばり強さ(考)
  • 最後は責任をとる、その姿勢が人々を動かす(開)
  • 学校評価へのまなざしと私の彷徨い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校評価の「問題」を読み解く : 学校の潜在力の解発
著作者等 木岡 一明
書名ヨミ ガッコウ ヒョウカ ノ モンダイ オ ヨミトク : ガッコウ ノ センザイリョク ノ カイハツ
書名別名 Gakko hyoka no mondai o yomitoku
出版元 教育
刊行年月 2004.9
ページ数 180p
大きさ 21cm
ISBN 4316800566
NCID BA68730723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想