スコットランドの漱石

多胡吉郎 著

近代文明の病理について真剣に考察するロンドン留学がなかったならば、作家漱石は生まれようもなかっただろう。同様に帰国直前にスコットランドを訪れることがなければ、名作『草枕』は生まれてこなかったかもしれない。-漱石が北の大地に見たものは何か。その足跡に重ね合わせるようにして、著者のスコットランドへの旅が始まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヒトロクリの谷
  • 2 漱石とスコットランド(エディンバラに留学したかも知れなかった漱石
  • 「マクベス」と漱石
  • シングルモルトを飲んだ?漱石
  • スコットランド人の恩師マードック
  • メンデルスゾーンと漱石のニアミス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スコットランドの漱石
著作者等 多胡 吉郎
書名ヨミ スコットランド ノ ソウセキ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2004.9
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4166603981
NCID BA68730064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想