文学のユートピア : 1942-1954

ロラン・バルト 著 ; 渡辺諒 訳

病身の文学青年から、気鋭の批評家へ。精密な作家論や『零度のエクリチュール』『ミシュレ』の原テクスト、そして活発な演劇批評を繰り広げる初期バルトの、鮮烈な軌跡を伝えて胸おどる59篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1942‐1946(文化と悲劇-活字になったバルト最初のテクスト
  • アンドレ・ジッドとその『日記』についてのノート-公刊されはじめた「日記」 ほか)
  • 1947‐1952(グロメール、リュルサ、コールダー-サイゴンの雑誌に寄せた文化ニュース
  • 文法の責任-「零度のエクリチュール」批判への再批判 ほか)
  • 1953(そう、左翼文学はたしかに存在する-「文学と左翼」アンケートの総評
  • フォリー・ベルジェール-『現代社会の神話』に収録しなかった「神話」 ほか)
  • 1954(ドン・ジュアンの沈黙-ジャン・ヴィラールが演出するモリエール『ドン・ジュアン』
  • シネマスコープで-クレティアンが発明した映画の新方式 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学のユートピア : 1942-1954
著作者等 Barthes, Roland
渡辺 諒
バルト ロラン
書名ヨミ ブンガク ノ ユートピア
書名別名 OEuvres completes

Bungaku no yutopia
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 / ロラン・バルト 著 1
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.9
ページ数 422p
大きさ 21cm
ISBN 4622081113
NCID BA68728528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20684177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
隠喩について マルクス主義は「教会」か?
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想