ファッションの社会経済史 : 在来織物業の技術革新と流行市場

田村均 著

開港によって在来織物業が幕末・明治前期に展開した技術革新と、それを可能にした市場条件=ファッションに目覚めた庶民層の旺盛な服飾生活の実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 幕末開港と毛織物インパクト-在来織物業の挑戦と技術革新(在来織物業の技術革新と流行市場-毛織物流行と絹綿交織化
  • 在来織物業の技術革新と輸入綿糸-縞木綿の伝統と革新
  • 在来織物業の技術革新と化学染料-伝統色から流行色へ
  • 東京織物市場の動向と流行織物-縞木綿を中心に)
  • 第2部 幕末庶民の毛織物需要と流行ファッション-在地農村の服飾革命と流行消費(幕末庶民のよそおいと流行ファッション-流行消費の勃興と衣料資産
  • 流行のなかの農民衣服-幕末期農村の布と着物の生活史
  • 機織りと縞稼ぎ-農村織物業の営みとその生活領域
  • 祝祭のよそおいと流行織物-服飾儀礼の生活世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファッションの社会経済史 : 在来織物業の技術革新と流行市場
著作者等 田村 均
書名ヨミ ファッション ノ シャカイ ケイザイシ : ザイライ オリモノギョウ ノ ギジュツ カクシン ト リュウコウ シジョウ
書名別名 Fasshon no shakai keizaishi
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2004.8
ページ数 404p 図版4p
大きさ 22cm
ISBN 4818815942
NCID BA68712674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20679862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想