環境リスク学 : 不安の海の羅針盤

中西準子 著

環境にとって大切なものは何か?ダイオキシン、環境ホルモンなどの環境問題に真摯な態度で取り組んできた著者の航跡をたどる「最終講義」(1章)、「環境リスク学」の分野を切り開き、リスク評価の先をも見渡す2章ほか、中西リスク論のすべてがここに結実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 環境リスク学の航跡(最終講義「ファクトにこだわり続けた輩がたどり着いたリスク論」
  • リスク評価を考える-Q&Aをとおして)
  • 2部 多様な環境リスク(環境ホルモン問題を斬る
  • BSE(狂牛病)と全頭検査
  • 意外な環境リスク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境リスク学 : 不安の海の羅針盤
著作者等 中西 準子
書名ヨミ カンキョウ リスクガク : フアン ノ ウミ ノ ラシンバン
出版元 日本評論社
刊行年月 2004.9
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4535584095
NCID BA68703560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想