いのちの倫理学

桑子敏雄 編著

本書は、「いのち」をめぐる言説の論理と倫理が不可分な関係に立っているという認識を基礎にしながら、現代医療をめぐる「いのち」の問題を多角的に捉えようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 医療における「安全」とは何か
  • 2章 医療者の言語、患者のことば
  • 3章 われわれの知る権利・知る義務-共同の冒険者として
  • 4章 医学実験と倫理委員会制度
  • 5章 PVS患者の生と死
  • 6章 生命科学・技術者の論理と倫理
  • 7章 ロボット・セラピー・システム
  • 8章 生命システムと供養
  • 9章 誰が遺伝子を誤解しているか
  • 10章 医療空間と合意形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの倫理学
著作者等 桑子 敏雄
書名ヨミ イノチ ノ リンリガク
出版元 コロナ社
刊行年月 2004.10
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 4339077763
NCID BA68701827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20679688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想