動機づけ研究の最前線

上淵寿 編著

最新の動機づけ研究の動向を、わかりやすく、確実に伝えたい。新しい動機づけ研究のおもしろさを知らせたい。本書は、この点をねらうものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「動機づけ研究」へのいざない
  • 第1部 自己と動機づけ(自律性と関係性からみた内発的動機づけ研究
  • 自己と動機づけ)
  • 第2部 学習と達成(達成目標理論の最近の展開
  • 自己制御学習)
  • 第3部 動機づけ周辺領域の動向(社会文化的アプローチ
  • 動機づけ研究の臨床的展開:学習性無力感、絶望感に関する近年の研究動向
  • 神経科学的研究と動機づけ研究の将来の展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動機づけ研究の最前線
著作者等 上淵 寿
書名ヨミ ドウキズケ ケンキュウ ノ サイゼンセン
書名別名 Dokizuke kenkyu no saizensen
出版元 北大路書房
刊行年月 2004.9
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 4762824038
NCID BA6869810X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20677777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想