湛山除名 : 小日本主義の運命

佐高信 著

組織によりかかってものを言わないジャーナリストにして、徒党を組まず大衆に媚びない政治家、石橋湛山-著者はその湛山の思想を「良日本主義」と捉え、権力政治に抗した民権派リベラリストの軌跡を追う。哲学を持ち、独り立つ人間を「除名」しようとする混迷極まる日本への警鐘を込めた渾身の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 石原莞爾か、石橋湛山か-現代日本の思想状況
  • 第1章 貴下を除名す
  • 第2章 吉田茂に抗して
  • 第3章 湛山思想の原点
  • 第4章 政治の渦の中で
  • 第5章 石橋内閣の光芒

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湛山除名 : 小日本主義の運命
著作者等 佐高 信
書名ヨミ タンザン ジョメイ : ショウニホン シュギ ノ ウンメイ
書名別名 孤高を恐れず

Tanzan jomei
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.9
ページ数 337p
大きさ 15cm
ISBN 4006030983
NCID BA68670213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想