アンデス登攀記  下

ウィンパー 著 ; 大貫良夫 訳

首都キート北方の高峰カヤンベ、サラウルク、コトカチの初登頂に成功したウィンパーたちは、キート街道を引き返して、南部の高峰カリワイラソへ。先住民族の遺跡訪問、街道での追い剥ぎ騒ぎなど、一九世紀後半のエクアドル・アンデス周遊記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第11章 ピチンチャに登る
  • 第12章 カヤンベ初登頂
  • 第13章 サラウルク初登頂
  • 第14章 インバブーラ地方とコトカチ初登頂
  • 第15章 キートのピラミッド訪問
  • 第16章 キート街道そしてアルタルへの旅
  • 第17章 カリワイラソ初登頂
  • 第18章 チンボラソ二度目の登頂
  • 第19章 旅行の成果
  • 第20章 グワヤキルに帰る-結語
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンデス登攀記
著作者等 Whymper, Edward
大貫 良夫
Whymper
ウィンパー
書名ヨミ アンデス トウハンキ
書名別名 Travels amongst the great Andes of the equator
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.1
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4003223942
NCID BA68664403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20736858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想