日本の美を語る

高階秀爾 編著

「源氏物語」から「現代建築」まで。西洋とはまったく異なる日本人の美意識は、いかにして生まれたのか。「見立て」「尽くし」「間」「笑い」「水」など日本の美を読みとくキーワードをもとに、文学、哲学、文化人類学、心理学、建築の各界で活躍する第一人者が日本文化の真髄を徹底的に論じ尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 尽くしの宴(小島孝之
  • 高階秀爾
  • 田中優子
  • 丸谷才一)
  • 短詩の言語-屏風絵・和歌・俳句(大岡信
  • 大橋良介
  • 高階秀爾)
  • 引用-表現の拡大と新生(秋山虔
  • 今道友信
  • 河竹登志夫
  • 高階秀爾)
  • 笑いの文化誌(秋山虔
  • 今道友信
  • 河竹登志夫
  • 高階秀爾)
  • 「見立て」と日本文化(高階秀爾
  • 山口昌男)
  • 年中行事の文化論(大橋良介
  • 高階秀爾
  • 田中優子
  • 橋本典子)
  • 死=再生の諸相(大橋良介
  • 河合隼雄
  • 高階秀爾)
  • 橋と象徴-記憶としての文化・市場(高階秀爾
  • 田中優子
  • 山口昌男)
  • 水の感覚と表現-絵画・文学・思想(大橋良介
  • 佐野みどり
  • 高階秀爾
  • 芳賀徹)
  • 光の造形化をめぐって-建築・芸術・文化(磯崎新
  • 高階秀爾
  • 橋本典子)
  • 「間」関係性を創出するエネルギーの場(磯崎新
  • 河竹登志夫
  • 高階秀爾
  • 橋本典子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の美を語る
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ ニホン ノ ビ オ カタル
出版元 青土社
刊行年月 2004.9
ページ数 320p
大きさ 20cm
ISBN 4791761405
NCID BA68656391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20775153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「見立て」と日本文化 山口昌男, 高階 秀爾
光の造形化をめぐって 橋本典子, 磯崎新, 高階 秀爾
尽くしの宴 小島孝之
年中行事の文化論 大橋良介
引用:表現の拡大と新生 秋山虔
橋と象徴 山口昌男, 田中優子, 高階 秀爾
死=再生の諸相 大橋良介, 河合隼雄, 高階 秀爾
水の感覚と表現 大橋良介
短詩の言語 大岡信, 大橋良介, 高階 秀爾
笑いの文化誌 秋山虔
間:関係性を創出するエネルギーの場 磯崎新
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想