ハーバード式診断テクニック : 問診・視診・聴診・触診の原点に回帰する新潮流 : ごく普通の症状に隠された驚くべき病気を的確に判断

亀山元帥 著

問診・視診・聴診・触診の原点に回帰する新潮流。ごく普通の症状に隠された驚くべき病気を的確に判断。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ これが米国・ハーバード大学式「診断テクニック」だ
  • 1 風邪によく似た症状に患者も医者もだまされる
  • 2 怖い脳の疾患が潜む「嘔吐」は医者にとっては油断できない症状
  • 3 誰も知らない、誰も言わない大切な医者のインスピレーション
  • 4 ありふれた薬による副作用が診断の思わぬ落とし穴に
  • 5 診断は「なぞなぞ」と同じ、答えがわかってしまえば簡単に見えるが…
  • 6 たった一つの聴診器があれば最新機器でもわからない病気が解明できる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハーバード式診断テクニック : 問診・視診・聴診・触診の原点に回帰する新潮流 : ごく普通の症状に隠された驚くべき病気を的確に判断
著作者等 亀山 元帥
書名ヨミ ハーバードシキ シンダン テクニック : モンシン シシン チョウシン ショクシン ノ ゲンテン ニ カイキスル シンチョウリュウ : ゴク フツウ ノ ショウジョウ ニ カクサレタ オドロクベキ ビョウキ オ テキカク ニ ハンダン
出版元 コスモトゥーワン
刊行年月 2004.7
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4877950583
NCID BA68650555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20748494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想