500の自画像

渡辺玲子 訳

肖像画というのは興味の尽きないものである。それは、顔を見て、その背後に隠れている性格を見通したいという人間の根源的な衝動に感応する。鏡を覗き込み、自分自身の顔を探求しようとする自画像は、それにも増して魅力的なものである。本書は、古代エジプトから現代に至るまで、500の自画像(自己像)を年代順に紹介している。自分自身の相貌を創るという試みは、芸術家にとってたまらなく魅力的であることが伝わってくる。ここに掲載したものは、デューラーやレンブラント、ピカソ、アンディ・ウォーホルをはじめとする多数の偉大な画家や彫刻家の、迫力に満ち、感情を喚起するような作品である。解説のないこれらの作品は、作品そのものが語りかけてくる-芸術を学ぶ学生、そしてあらゆる人々に感動を呼び起こすコレクションである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 500の自画像
著作者等 Bell, Julian
渡辺 玲子
書名ヨミ 500 ノ ジガゾウ
書名別名 500 no jigazo
出版元 ファイドン
刊行年月 2004.8
ページ数 548p
大きさ 19cm
ISBN 4902593009
NCID BA68620033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想