興行界の顔役

猪野健治 著

広沢虎造の映画出演をめぐって発生した山口組二代目襲撃事件や、鶴田浩二殴打事件の裏側など昭和の興行界を知りつくした伝説の男・永田貞雄。炭鉱街に生まれ、浪曲界に君臨し、日本プロレス協会創立に深くかかわり、外タレを招く"呼び屋"としても活躍したのであった。人間の夢と欲望、虚と実とが渦巻く興行の世界を描いた傑作ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 芸能とやくざ
  • 第2章 力道山と顔役
  • 第3章 呼び屋というビジネス
  • 第4章 浪曲渡世
  • 終章 最後の興行師

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 興行界の顔役
著作者等 猪野 健治
書名ヨミ コウギョウカイ ノ カオヤク
書名別名 Kogyokai no kaoyaku
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.9
ページ数 510p
大きさ 15cm
ISBN 4480039791
NCID BA68581281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想