思い出の人々

井伏鱒二 著 ; 東郷克美 編

「芸術の道は遠い。涯しがないかのごとくである。」50年にわたり火花をちらした己の努力をかえりみて、しんみり教えを垂れる師・坪内逍遙、映画の悲しい場面になると、ハンカチで顔を覆って泣きくずれた中島健蔵が、猛者で鳴らした将校の首をつかんで叱りつけた姿、太宰治の最初の妻小山初代の遺品である琴に映じた人影を描く名品「琴の記」、さらに鴎外・白鳥・岩野泡鳴・小林秀雄・大山名人・上林暁・小沼丹等の面影が、温雅な筆に鮮やかに浮かび上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鯉(随筆)
  • 坪田譲治
  • 追憶の岩野泡鳴氏-泡鳴忌に際して
  • 森鴎外氏に詫びる件
  • 書画骨董の災難
  • 喪章のついている心懐
  • 坪内逍遙先生
  • 肩車
  • 岩田君のクロ
  • 中島健蔵氏のこと〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思い出の人々
著作者等 井伏 鱒二
東郷 克美
書名ヨミ オモイデ ノ ヒトビト
書名別名 Omoide no hitobito
シリーズ名 井伏鱒二文集 / 井伏鱒二 著 1
ちくま文庫 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.9
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 4480039813
NCID BA68576204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20671476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想