記憶・歴史・忘却  下

ポール・リクール 著 ; 久米博 訳

壮大な「記憶の政治学」の試み。アウシュヴィッツの後で歴史は可能か?!記憶と忘却の弁証法のなかで歴史叙述の可能性をつきつめ、「赦しえないものをいかにして赦すか」という「困難な赦し」の問題にいたる、著者畢生の大著、完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 歴史的条件(歴史の重荷と非歴史的なもの
  • 歴史の批判哲学
  • 歴史と時間
  • 忘却)
  • エピローグ 困難な赦し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶・歴史・忘却
著作者等 Ricœur, Paul
久米 博
Ricoeur Paul
リクール ポール
書名ヨミ キオク レキシ ボウキャク
書名別名 La memoire,l'histoire,l'oubli
巻冊次
出版元 新曜社
刊行年月 2005.5
ページ数 362p
大きさ 22cm
ISBN 4788509474
NCID BA68562403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20778872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想