パナマを知るための55章

国本伊代, 小林志郎, 小澤卓也 著

運河建設というアメリカの野望と後押しで一九〇三年に独立したパナマは運河のためにアメリカに支配され続けたが、現在のパナマは自立した新しい時代を築こうと努力をする主権国家である。アメリカの軍事基地は熱帯雨林を保護するために国立公園へと変貌し、アメリカ人だけしか入れなかった地域がパナマ国民に開放され、星条旗が翻っていた建物や丘の上に、現在はパナマ国旗が掲げられている。貧困問題をはじめ多くの難問を抱えているが、パナマは緑豊かな国土と歴史遺産を保全し、運河を中立的な国際交通路として運営しながら、国民が豊かに暮らせるための国土開発と社会改革に取り組んでいる。そのようなパナマの姿を読者に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 数字で読む世界のなかのパナマ
  • 2 地球の十字路
  • 3 運河建設の夢の実現に向けて
  • 4 パナマ運河の建設
  • 5 パナマ運河の政治学
  • 6 反米から自立へ
  • 7 モノとカネとヒトの交差点
  • 8 目指す運河を越えた新しいパナマ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パナマを知るための55章
著作者等 国本 伊代
小林 志郎
小澤 卓也
小沢 卓也
書名ヨミ パナマ オ シル タメノ 55ショウ
書名別名 Panama o shiru tameno 55sho
シリーズ名 エリア・スタディーズ
出版元 明石書店
刊行年月 2004.8
ページ数 275p
大きさ 19cm
ISBN 4750319643
NCID BA68558406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20683482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想