江戸三〇〇年吉原のしきたり

渡辺憲司 監修

見世の値段と決まり事、花魁・高尾太夫の正体とは-知られざる遊女の一日が明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 吉原誕生(男ばかりの江戸の町
  • 江戸唯一の色里 ほか)
  • 1章 吉原のしくみ(色里・吉原はどんな構造だったか
  • 遊女の呼び名 ほか)
  • 2章 遊女の暮らし(吉原遊女の日常
  • 吉原遊女の現実と行く末 ほか)
  • 3章 吉原の遊び方(浅草田圃・吉原への道中
  • 遊びの決まり事 ほか)
  • 4章 島原・岡場所・湯女(遊廓成り立ちの歴史
  • 未公認の色里・岡場所 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸三〇〇年吉原のしきたり
著作者等 渡辺 憲司
書名ヨミ エド サンビャクネン ヨシワラ ノ シキタリ
書名別名 Edo sanbyakunen yoshiwara no shikitari
シリーズ名 Play books intelligence
プレイブックスインテリジェンス
出版元 青春出版社
刊行年月 2004.9
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4413041003
NCID BA68547545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20671263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想