ノストラダムス

エルヴェ・ドレヴィヨン, ピエール・ラグランジュ 著 ; 伊藤進 監修 ; 後藤淳一 訳

ブームとしてノストラダムスを読む時代は終わった。これからこそじっくりこの予言者=詩人と向き合わなければならない。とりあえず本国フランスでブームが過ぎ去ったあとのノストラダムス解釈がどれほどのレベルに達しているかは、本書が明快な見取り図を提示しているといえよう。著者のひとり、パリ第一大学で教鞭をとるエルヴェ・ドレヴィヨンは、17世紀フランスにおける占星術に関する研究で学位を取得した歴史学者である。その意味からも、信憑性の高いノストラダムス文献が乏しいわが国において、本書が信頼できるこのうえないノストラダムス入門書になることは疑いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 祖国フランスの予言者
  • 第2章 幻視者か、いかさま治療師か?
  • 第3章 『詩百篇集』とその利用法
  • 第4章 世界の予言者ノストラダムス
  • 資料篇-医師にして詩人(人文主義者ノストラダムス
  • 知識と実践
  • 『化粧品とジャム論』
  • 予言をむしばむ解釈という危険
  • 日付のある予言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノストラダムス
著作者等 Drévillon, Hervé
Lagrange, Pierre
伊藤 進
後藤 淳一
Dr'evillon Herv'e
ラグランジュ ピエール
ドレヴィヨン エルヴェ
書名ヨミ ノストラダムス : ヨゲン ノ シンジツ
書名別名 Nostradamus,l'eternel retour

予言の真実
シリーズ名 「知の再発見」双書 118
出版元 創元社
刊行年月 2004.9
ページ数 150p
大きさ 18cm
ISBN 4422211781
NCID BA68546917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20740165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想