世界が変わる現代物理学

竹内薫 著

相対性理論と量子力学の大発見を端緒とする現代物理学の展開は、にわかには信じ難い事実を明らかにした。われわれが世界を考えるときの素朴な前提-確固たる手ざわりをもった無数の物質により、この世界は形づくられている-が、きわめて不確かな「モノの見方」であるというのだ!では、最前線の物理学理論から導かれる、森羅万象の「リアル」なあり様とは、いかなるものなのか?その驚くべき世界像を、数式を用いることなく平明な語り口で説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 思索としての物理学(思索としての物理学
  • ニュートンの世界観はモノ的だった ほか)
  • 第2章 SF的世界観への前哨(科学の歴史は実在論と実証論のせめぎ合いだった
  • 天才たちと秀才たちの系譜 ほか)
  • 第3章 ピカソと相対性理論(ピカソと相対性理論
  • 時空の変換方程式 ほか)
  • 第4章 量子は踊る(あえて実在論的に量子論を理解してみる(ボーム流の解釈)
  • (あらためて)量子とは何だろう ほか)
  • 『事象の地平線』
  • 第5章 世界はループからできている(これまでのまとめ
  • 時間と空間というモノ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界が変わる現代物理学
著作者等 竹内 薫
書名ヨミ セカイ ガ カワル ゲンダイ ブツリガク
書名別名 Sekai ga kawaru gendai butsurigaku
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.9
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 4480061932
NCID BA68528176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20685600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想