アイヌ民族の軌跡

浪川健治 著

北から南に連なる列島弧の上に日本は存在する。そして、ここには大きく二つの言語と三つの文化が成立し文化接触が繰り返されていた。北の文化の主体、それがアイヌ民族である。歴史のなかのアイヌ民族は、北海道を中心に、サハリン、千島、そして北東北に生活し、中継交易者として北の世界を結びつけていた。そのことは、列島史という枠組みのなかでは、アイヌ社会は松前藩との関係だけではなく、本州とくに北東北との地域的な関係と東北アジア世界の変動との関わりのなかに理解されなければならないことを意味している。列島弧における文化と社会のあり方を時という視点から問いなおしてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アイヌ文化
  • 2 東北アジアのなかのアイヌ民族
  • 3 アイヌ民族と近世日本
  • 4 シャクシャインの蜂起
  • 5 クナシリ・メナシの蜂起
  • 6 民族文化の否定から「臣民」化へ
  • アイヌ民族の軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌ民族の軌跡
著作者等 浪川 健治
書名ヨミ アイヌ ミンゾク ノ キセキ
書名別名 Ainu minzoku no kiseki
シリーズ名 日本史リブレット 50
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.8
ページ数 96p
大きさ 21cm
ISBN 4634545004
NCID BA68494890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20672721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想