社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」

マックス・ヴェーバー 著 ; 富永祐治, 立野保男 訳 ; 折原浩 補訳

今世紀初頭、社会科学に巨大な業績をのこしたヴェーバーが、社会科学の方法論について論じた記念碑的論文(1904)。認識理想としての「価値自由」と方法概念としての「理念型」を定式化し、後世に大きな影響を与えた。本文の理解を助けるための付録3篇、詳細な解説・注、索引を付す。旧版『社会科学方法論』の補訳新版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」
著作者等 Weber, Max
富永 祐治
折原 浩
立野 保男
ヴェーバー マックス
書名ヨミ シャカイ カガク ト シャカイ セイサク ニ カカワル ニンシキ ノ キャッカンセイ
書名別名 Die″Objectivität″ sozialwissenschaftlicher und sozialpolitischer Erkenntnis

Shakai kagaku to shakai seisaku ni kakawaru ninshiki no kyakkansei
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.8
版表示 第2刷
ページ数 345, 12p
大きさ 15cm
ISBN 4003420926
NCID BA3709995X
BA4159018X
BA68457657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99031797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想