中世環地中海圏都市の救貧

長谷部史彦 編著

環地中海圏の港町や内陸都市の社会において、貧しい人たちを対象とした施しや救済はどのように行なわれていたのか。本書は、ビザンツ、イスラーム、西欧キリスト教の「三つの世界」からなる中世環地中海圏の都市における貧民救済に的を絞り、10世紀から15世紀までを中心にその制度や実態を多角的に掘り下げる。そして、中国史研究者の参加も得て「比較救貧史」へと歩みだそうとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビザンツ国家と慈善施設-皇帝・教会・市民をめぐる救貧制度(六世紀における慈善施設の公的管理
  • 一一世紀における慈善施設の私的経営 ほか)
  • 第2章 中世エジプト都市の救貧-マムルーク朝スルターンのマドラサを中心に(マムルーク朝期カイロにおける救貧の諸相
  • 巨大マドラサの救貧機能-カイロのハサン学院 ほか)
  • 第3章 中近世スペインの救貧-サンティアゴ巡礼路都市を例として(一四〜一六世紀のサンティアゴ巡礼路都市アストルガの兄弟団
  • 一六世紀のサンティアゴ王立施療院)
  • 第4章 中世エルサレムにおける救貧(イスラームにとってのエルサレム
  • イスラーム時代のエルサレム ほか)
  • 第5章 比較の視線 宋代都市における社会救済事業-公共墓地出土の磚文を事例に(中国宋代の社会救済事業
  • 黄河南岸の都市と社会救済)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世環地中海圏都市の救貧
著作者等 三浦 徹
伊原 弘
大月 康弘
長谷部 史彦
関 哲行
書名ヨミ チュウセイ カンチチュウカイケン トシ ノ キュウヒン
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2004.9
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4766410912
NCID BA68452212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20777138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想