江戸の土地問題

片倉比佐子 著

大都市江戸の地代店賃は近世を通じ不安定で、為政者にとってもつねに重要な政策課題のひとつであった。地主たちがいかに土地を所有し、運営していったのかを探り、彼らの生活ぶりにも触れながら近世土地事情に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鈴木三右衛門家代々の記(商人の時代
  • 地主の時代
  • 鈴木三右衛門家の経営)
  • 第2章 関東豪農の江戸進出(吉田市右衛門家の町屋敷集積
  • 吉田家の町屋敷経営)
  • 第3章 隅田川河口の町々(町屋敷利用の諸相
  • 一八世紀の地主
  • 一九世紀の地主)
  • 第4章 天保期の土地問題(地代店賃引下げの経過
  • 調査書にみる地代店賃)
  • 第5章 鈴木三右衛門家の一年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の土地問題
著作者等 片倉 比佐子
書名ヨミ エド ノ トチ モンダイ
書名別名 Edo no tochi mondai
シリーズ名 同成社江戸時代史叢書 19
出版元 同成社
刊行年月 2004.8
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4886212964
NCID BA68411044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20684907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想