言論統制 : 情報官・鈴木庫三と教育の国防国家

佐藤卓己 著

言論界で「小ヒムラー」と怖れられた軍人がいた。情報局情報官・鈴木庫三少佐である。この「日本思想界の独裁者」(清沢洌)が行った厳しい言論統制は、戦時下の伝説として語りつがれてきた。だが、鈴木少佐とはいったい何者なのか。極貧の生活から刻苦勉励の立志伝。東京帝国大学で教育学を学んだ陸軍将校。学界、言論界の多彩なネットワーク。「教育の国防国家」のスローガン。新発見の日記から戦時言論史の沈黙の扉が開かれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『風にそよぐ葦』の神話
  • 第1章 立志・苦学・軍隊
  • 第2章 「教育将校」の誕生
  • 第3章 昭和維新の足音
  • 第4章 「情報部員」の思想戦記
  • 第5章 「紙の戦争」と「趣味の戦争」
  • 終章 望みなきにあらず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言論統制 : 情報官・鈴木庫三と教育の国防国家
著作者等 佐藤 卓己
書名ヨミ ゲンロン トウセイ : ジョウホウカン スズキ クラゾウ ト キョウイク ノ コクボウ コッカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.8
ページ数 437p
大きさ 18cm
ISBN 4121017595
NCID BA68355828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20682621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想