激動昭和と浜口雄幸

川田稔 著

崇高な理念のもと、激動の昭和初期をリードした政党政治家"浜口雄幸"。その政治構想を、山東出兵から満州事変へと続く時代背景とともに、外交・内政の両面から描き出す。我々はこの歴史的経験から何を学ぶのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦間期政党政治への歩み-プロローグ
  • 田中内閣の外交と浜口-北伐期中国と日本
  • 田中内閣の内政と浜口-政党政治の混迷
  • 浜口内閣期の外交構想-対中・対米英政策の再構築
  • 浜口内閣期の内政構想-政治・経済の再生にむけて
  • ロンドン海軍軍縮条約-軍令部・議会・枢密院
  • 条約批准後と浜口の死-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 激動昭和と浜口雄幸
著作者等 川田 稔
書名ヨミ ゲキドウ ショウワ ト ハマグチ オサチ
書名別名 Gekido showa to hamaguchi osachi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 180
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.9
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 4642055800
NCID BA68339854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20665685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想