伊藤仁斎の世界

子安宣邦 著

『論語』のラジカルな読み直しによって、日常の人人の立場を確立した仁斎-この古義学のラジカリズムを仁斎テキストのラジカルな読みとして反復し、仁斎のラジカル・ヒューマニズムとしての思想世界を見事に開示する、江戸思想史家としての著者の記念碑的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人情の至り即ち道なり-伊藤仁斎と人間認識
  • 第1部 伊藤仁斎論-人倫的世界の思想(仁斎とその学問像
  • 人倫的世界の地平-仁斎における「実」
  • 仁斎学の構造-仁斎における『論語』と『孟子』
  • 人性と道徳との間-生生的存在の倫理学
  • 「人の外に道無く、道の外に人無し」(『童子問』における成立過程
  • 道と人情)
  • 天道と人道-仁斎の生生的世界観)
  • 第2部 伊藤仁斎補論-「性善」について、ほか(「性善」とは何か-吉川幸次郎「仁斎学案」の曲解
  • 「誠」と近世的知の位相-武内義雄「日本の儒教」の批判
  • 「天命」を知るということ-伊藤仁斎『語孟字義』の一講義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊藤仁斎の世界
著作者等 子安 宣邦
書名ヨミ イトウ ジンサイ ノ セカイ
書名別名 Ito jinsai no sekai
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2004.7
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4831510602
NCID BA68319697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20660890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想