ヒエログリフを愉しむ : 古代エジプト聖刻文字の世界

近藤二郎 著

古代エジプトの文字ヒエログリフは、その形がもつ美しさ、謎めいた雰囲気が誘う古代へのロマンゆえに、今なお多くの人々を魅了しつづけている。五世紀にはすでに死語となり、誰も読めなくなっていたヒエログリフだが、1822年、シャンポリオンが解読に成功して以来、ふたたび歴史を語りはじめた。本書は、その初歩から、ヒエログリフ研究における最先端の議論までを豊富な図版とエピソードで紹介していく。最古の"イスラエル"という表記、大ピラミッドの謎の碑文、インチキ・ヒエログリフの話など興味は尽きず、難しい文法の話は抜きで、古代エジプトの文字と歴史の面白さを教えてくれるユニークな一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エジプト学との出会い
  • ヒエログリフの歴史
  • ナルメルのパレット
  • 大ピラミッドの碑文
  • 大スフィンクス夢の碑文
  • オシリス神の聖地アビュドス
  • シヌへの物語
  • ヒクソス
  • 定型の供養文「ヘテプ・ディ・ネスウト」
  • シナイ文字とアルファベット
  • 王名表
  • 王家の谷のグラフィート
  • 不思議なオストラコンと洗濯石
  • 石材に記された「右班」と「左班」
  • キルヒャーの解読とローマのオベリスク
  • インチキ・ヒエログリフ
  • アマルナ文書
  • ネフェルトイティ王妃は王になったのか
  • ツタンカーメン王墓の厨子
  • 貴族の墓の壁面と碑文
  • 不思議な名前イイエンウイア
  • ワイン壺
  • 葬送用コーン
  • 古代エジプトの方位と左右
  • イスラエル・ステラ
  • ネフェルトイティ王妃墓の壁画
  • アボット・パピルス
  • ある拓本との出会い
  • 日本の古代エジプト・コレクション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒエログリフを愉しむ : 古代エジプト聖刻文字の世界
著作者等 近藤 二郎
書名ヨミ ヒエログリフ オ タノシム : コダイ エジプト セイコク モンジ ノ セカイ
書名別名 Hierogurifu o tanoshimu
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2004.8
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4087202542
NCID BA68276062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20662717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想