哲学と反哲学

木田元 著

哲学は、巨大な技術文明を生む西洋文化を可能にした特異な知の様式である。現代哲学は哲学を乗り越え可能な歴史概念とみなし、その前提を掘り返して検討に付そうとする。この思想的営みを反哲学とよぶ。ソクラテス以降の伝統的な存在論を解体しようとしたハイデガーを柱に、哲学の本質を反哲学から逆照射する現代哲学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 哲学と反哲学
  • 2 世界と自然-現象学的世界概念の系譜
  • 3 身体・感覚・精神
  • 4 形而上学としての芸術
  • 4 ハイデガーと「形而上学」の歴史
  • 4 ハイデガーとライプニッツ覚え書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学と反哲学
著作者等 木田 元
書名ヨミ テツガク ト ハンテツガク
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.8
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 4006001274
NCID BA68265350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20658675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想