地方分権と高齢者福祉 : 地方自治の展開過程

小林良彰, 名取良太 著

これからの高齢者福祉は、地方自治体に何を求め、私たちの社会をどのように変えようとしているのか?介護保険制度の導入過程をつぶさに観察し、地域の取り組みから日本の将来像を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 介護保険の導入と地方自治体の役割の変化
  • 高齢者福祉政策に対する認識と介護保険の導入
  • 介護保険に対する自治体の認識
  • 介護保険導入直前の自治体の対応
  • 小規模自治体における介護保険運営
  • 広域対応による介護保険運営
  • 大都市における介護保険運営
  • 介護保険情報に関する環境整備
  • 介護保険制度下の自治体の独自政策(家族介護への現金給付
  • 自治体直営ヘルパー事業)
  • 介護保険導入後の高齢者福祉課の役割
  • 保健・医療における政策課題と対応-遠隔医療システム
  • 介護保健と地方分権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権と高齢者福祉 : 地方自治の展開過程
著作者等 名取 良太
小林 良彰
書名ヨミ チホウ ブンケン ト コウレイシャ フクシ : チホウ ジチ ノ テンカイ カテイ
シリーズ名 G-SEC design
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2004.8
ページ数 291p
大きさ 21cm
ISBN 4766410165
NCID BA68264110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想