近世の地主制と地域社会

舟橋明宏 著

[目次]

  • 近世の在地社会研究と「地主制」
  • 第1編 肥後国天草郡の質地慣行と地域社会(天草郡地役人の存在形態と問屋・船宿
  • 天草郡地役人江間家と地域社会-弘化の仕法と一挨をめぐって
  • 天草郡地役人江間家の「御館入」関係について)
  • 第2編 越後国頚城郡の「地主制」と村落社会(村落構造とその変容-割地と小作地経営をめぐって
  • 近世の「地主制」と土地慣行-越後国頚城郡岩手村佐藤家を事例として
  • 明治三年の村方騒動と「永小作」)
  • 第3編 関東の村落と村役人(幕末・維新期の村方騒動と「百姓代三人体制」について-下総国葛飾郡上砂井村を事例として
  • 村再建に見る村人の知恵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の地主制と地域社会
著作者等 舟橋 明宏
書名ヨミ キンセイ ノ ジヌシセイ ト チイキ シャカイ
書名別名 Kinsei no jinushisei to chiiki shakai
シリーズ名 近世史研究叢書 10
出版元 岩田書院
刊行年月 2004.7
ページ数 439p
大きさ 22cm
ISBN 4872943244
NCID BA68256746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20667629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想