東京オリンピックへの遥かな道 : 招致活動の軌跡1930-1964

波多野勝 著

東京オリンピック決定のプロセスには劇的なドラマがあり、周到な根回しがおこなわれていた。私たちは、往々にして脚光を浴びる大会そのものに目を奪われがちである。本書は、東京開催に尽力した、いわゆる「井戸を掘った」人びとを、歴史のなかに正当に位置づけようという試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 三十四年目の夢の実現
  • 第1章 日本人とオリンピック
  • 第2章 幻の東京大会
  • 第3章 敗戦からの挑戦
  • 第4章 総力戦の招致活動
  • 第5章 聖火、東京へ
  • おわりに 日本人が自信を取り戻した日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京オリンピックへの遥かな道 : 招致活動の軌跡1930-1964
著作者等 波多野 勝
書名ヨミ トウキョウ オリンピック エノ ハルカナ ミチ : ショウチ カツドウ ノ キセキ 1930 - 1964
出版元 草思社
刊行年月 2004.7
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4794213352
NCID BA68240247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20658659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想