実践糖尿病運動療法 : 健康行動理論を背景に-こうすれば実施,継続できる

清野弘明 監修 ; 藤沼宏彰 著

本書の第1部では運動療法が必要な理由と有効性、第2部では運動継続が押しつけではなく自発的にやりたくなるように述べられている。第3部は体験談でこれだけ読んでもモチベーションを高められる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 運動をはじめていただくために(健康信念モデルを背景に
  • 自己効力を背景に)
  • 2 運動を継続していただくために(情報の収集
  • 個々に応じた運動指導)
  • 3 運動指導の実際(ケース別運動指導
  • 運動のきっかけと継続のささえ(体験者のレポート))
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践糖尿病運動療法 : 健康行動理論を背景に-こうすれば実施,継続できる
著作者等 清野 弘明
藤沼 宏彰
書名ヨミ ジッセン トウニョウビョウ ウンドウ リョウホウ : ケンコウ コウドウ リロン オ ハイケイ ニ - コウスレバ ジッシ ケイゾクデキル
出版元 診断と治療社
刊行年月 2004.5
ページ数 132p
大きさ 26cm
ISBN 4787813676
NCID BA68227952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20711955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想