〈疑う力〉の習慣術

和田秀樹 著

文部科学省のゆとり教育政策のもと、日本の子供たちの学力低下が大きな問題となっている。では、詰め込み教育に戻ればいいのか?パラダイムが一変した現代社会を生き抜くためには、知識を修得するだけではなく<疑う力>を鍛えることが必要なのである。"疑う力"があれば、新しい発見をすることができる。リスクに備えることができる。対人関係がうまくいく。人生のビッグチャンスをつかむことができる。学校では教えてくれないノウハウを満載した和田式勉強法の最新バージョン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報を疑う能力が問われる時代(メディアが「疑う力」を奪っている
  • スケープゴートを作る論調に流されるな ほか)
  • 第2章 何が疑う力を奪うのか(心情読解問題への疑問
  • 子供の疑問にはきちんと答えること ほか)
  • 第3章 疑う力が判断をより妥当にする(自分の力に疑いを持つ
  • メタ認知の大きなメリット ほか)
  • 第4章 疑う力が創造性を養う(発明、発見のきっかけ
  • 問題解決能力と問題発見能力 ほか)
  • 第5章 疑う力でこれからの世の中を読む(企業不祥事はなぜ起きる?
  • 学力低下はなぜ生じたのか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈疑う力〉の習慣術
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ ウタガウ チカラ ノ シュウカンジュツ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2004.9
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4569637175
NCID BA68210406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20666155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想