戦争とフォト・ジャーナリズム

広河隆一 著

フォト・ジャーナリストはなぜ戦争に赴き、一枚の写真によって何を伝えるのか。戦争報道はなぜ被害者の側に立たなければならないのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 加害者は必ず被害を隠す
  • 2 戦場に行く動機
  • 3 一枚の写真の力
  • 4 フォト・ジャーナリストのアイデンティティ
  • 5 権力とジャーナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争とフォト・ジャーナリズム
著作者等 広河 隆一
書名ヨミ センソウ ト フォト ジャーナリズム
書名別名 Senso to foto janarizumu
シリーズ名 岩波フォト・ドキュメンタリー世界の戦場から
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.8
ページ数 77p
大きさ 16×22cm
ISBN 4000269720
NCID BA68197909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20673966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想