太平洋戦争の歴史

黒羽清隆 著

一九四一年十二月八日未明、真珠湾奇襲に始まった太平洋戦争。緒戦の南方進撃もミッドウェーを境に戦局は一転。ガダルカナルをはじめ太平洋諸島の激戦で兵士は死線をさまよう。特攻隊も組織され、本土空襲は銃後の生活をも戦火に巻きこんだ。沖縄戦、原爆投下、そして敗戦。公文書や当時の日記類を駆使し、未曽有の戦争を臨場感あふれる筆致で描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太平洋戦争の起因
  • 第2章 太平洋戦争の開始
  • 第3章 南方侵攻作戦の展開-フィリピン・マレー・ジャワ占領
  • 第4章 戦局の転換-アメリカ、大反攻を開始する
  • 第5章 虐殺の構図
  • 第6章 「大東亜共栄圏」の虚像と実像
  • 第7章 子どもたちの六年間-「自分史」としての戦争
  • 第8章 敗北への道
  • 第9章 「大日本帝国」哀史
  • 第10章 日本敗戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争の歴史
著作者等 黒羽 清隆
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ ノ レキシ
書名別名 Taiheiyo senso no rekishi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.8
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 4061596691
NCID BA68194875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20653484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想