〈私〉の愛国心

香山リカ 著

この数年、"ナショナリズム"をめぐる議論がかまびすしい。冷戦に代わる国際秩序が定まっていない上に、極東アジアでは「北朝鮮」という冷戦の産物が大きな比重を占めているからである。しかも、バブルの崩壊とグローバリゼーションに伴う「成果主義」や「市場原理主義」の浸潤によって、セーフティ・ネットが整備されないまま勝ち組・負け組への階層化が進み、社会の安定感は急速に失われつつある。国内と国外の要因が複雑に絡み合いながら過熱化する一方の言説を丁寧に解きほぐし、「愛国心」の行方について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本は変わった」のか
  • 第2章 自分以外はみんな「バカ」
  • 第3章 この国に生まれたるの不幸
  • 第4章 「帝国」の病理
  • 第5章 二つの「病」と日米関係
  • 第6章 治癒と愛国心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈私〉の愛国心
著作者等 香山 リカ
書名ヨミ ワタシ ノ アイコクシン
書名別名 Watashi no aikokushin
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.8
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4480061851
NCID BA68129250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20672894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想