動物の生き方人間の生き方 : 人間科学へのアプローチ

戸川達男 著

人間は、遺伝によらない継承手段である文化を獲得した。それは脳の進化における小さな一歩であったが、生命の歴史上最大級の出来事となった。本書では、この出来事を出発点として動物の生き方と人間の生き方の違いを探り、人間理解をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間、生物、機械-違いを知るには、まず同類として見る必要がある
  • 適応と進化-子孫を残すことがすべて
  • 運動-動物の生き方の原点
  • 脳-集中化の一途をたどった器官
  • 意識-神経活動でもあり、精神活動でもある
  • 言語-サルとヒトとの決定的な違い
  • 文化-遺伝に匹敵する大原理
  • 自己-実体があるのか、それとも幻想か
  • 多様性-有効な適応方策が困難をもたらす
  • 攻撃性-淘汰の後遺症
  • 種の存続-ヒトが絶滅したら元も子もない
  • 生き方の迷い-いまだに「よく生きる」ということがわからない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の生き方人間の生き方 : 人間科学へのアプローチ
著作者等 戸川 達男
書名ヨミ ドウブツ ノ イキカタ ニンゲン ノ イキカタ : ニンゲン カガク エノ アプローチ
書名別名 Dobutsu no ikikata ningen no ikikata
出版元 コロナ社
刊行年月 2004.8
ページ数 163p
大きさ 20cm
ISBN 4339077755
NCID BA68104533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20661847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想